メニュー

金剛流能楽師 山田伊純

主な公演情報

  • 平成29年 12月25日 (月) 19:00始曲(終20:10)

    能楽大連吟



    能楽大連吟
    演目
    高砂
    金剛流 講師:山田伊純
    宇高竜成・宇高徳成 / 観世流 講師:深野貴彦・松野浩行・宮本茂樹・斎藤信輔・今村哲朗
    各お稽古場(京都・大阪) 本番は金剛能楽堂・観世会館
    料金
    参加費   8,000円
     学生   5,000円
    ご参加お申し込みは能楽大連吟まで
    詳細
    能楽"高砂"を大連吟。連吟とは能楽の謡の合唱のことです。 一般の参加者を募り、四か月間の稽古を重ねて本番の舞台を迎えます。 お稽古期間は9-12月中です。 本番では皆さんと玄人の能楽師が同じ舞台に立ち 能を作りあげます。各講師のお稽古場を体験できるという楽しみ方もあります。 また、日ごろからお稽古に通っている方は本番だけのご参加も可能です。 本番は金剛流が12月25日に金剛能楽堂、観世流が26日に観世会館です。 能楽大連吟という催しは十年目を迎え、それに合わせて このたび金剛流でも募集を開始しました。ご興味ある方は是非ご参加くださいませ。
    お申込み方法
    お稽古日程
    流儀の簡単な紹介

その他・伊純の出演情報

  • 平成29年 11月17日(金)

    宝生和英・金剛龍謹 合同演能会



    合同演能会
    出演
    能「蝉丸」地謡
    金剛能楽堂(京都)
    詳細
    公演に関する情報は 金剛能楽堂まで
    チケットの申し込みはこちら

    醍醐天皇の第四皇子として生まれたが盲目ゆえに捨てられてしまう蝉丸。 生まれつき逆立つ髪を持ち辺りを迷う姉の逆髪。この両者が山の藁屋にて再会し身の不幸を嘆きあう。 何とも悲痛な物語。宝生流二十世宗家の宝生和英氏との合同演能会である。京都にお住いの方は 宝生宗家の舞台はあまりお目にかかれないと思いますので、是非ご堪能いただきたく思います。
  • 平成29年 11月26日(日)

    第九回 金剛定期能



    金剛定期能
    出演
    仕舞「絃上」シテ、他、地謡と後見
    金剛能楽堂
    詳細
    公演に関する情報は 金剛能楽堂公式サイトまで
    チケット・定期能会員のお申し込みはこちら

    解説 種田道一
    能「鳥追船」豊嶋三千春
    狂言「茫々頭」茂山忠三郎
    能「大会」宇高竜成
    年間全十回の金剛定期能です。伊純は仕舞を務めます。 金剛定期能は金剛流の催しの中で最も格の高い会となります。 精鋭揃いの舞台、そして珍しい曲も多く出ることが特徴となっております。
  • 平成29年 12月3日(日)

    豊嶋晃嗣 能の会



    晃嗣能の会
    出演
    能「二人静」地謡
    金剛能楽堂(京都)
    詳細
    公演に関する情報は 金剛能楽堂まで
    チケットの申し込みはこちら

    お話 中嶋謙昌、山井綱雄、豊嶋晃嗣
    狂言 茂山宗彦
    能「二人静」豊嶋晃嗣、山井綱雄
  • 平成29年 12月17日(日)

    第十回 金剛定期能



    金剛定期能
    出演
    能「和布刈」ツレ
    金剛能楽堂
    詳細
    公演に関する情報は 金剛能楽堂公式サイトまで
    チケット・定期能会員のお申し込みはこちら

    解説
    能「和布刈」宇髙通成
    狂言「萩大名」茂山千作
    能「野宮」金剛永謹
    年間全十回の金剛定期能です。伊純は能のツレを務めます。 金剛定期能は金剛流の催しの中で最も格の高い会となります。 精鋭揃いの舞台、そして珍しい曲も多く出ることが特徴となっております。

お問い合わせ

山田伊純舞台

経歴

山田伊純

山田伊純(やまだ いすみ)

金剛流能楽師 金剛流宗家直門
公益社団法人能楽協会会員 京都能楽会所属
内弟子修業中より各地方で能楽講座の活動を行う
金剛流宗家金剛永謹のもと住込み修業を終え独立を許される
初舞台は6歳にて「百萬」の子方を勤める
今までの主な開曲は「石橋」「乱」
同志社大学文学部卒業

  • 平成元年3月
    東京で生まれる
  • |
  • 6年
    山田純夫のもと5歳にて稽古を始める
  • 7年
    6歳にて能「百萬」金剛宗家の子方として初舞台を踏む
  • 18年
    能「清経」ツレにて初面
  • 19年
    金剛家の内弟子(通い)に入門する
  • 20年
    能「猩々」にて初シテを勤め、以後毎年シテを勤める
  • 22年
    住み込みの修業を始める
  • |
  • 25年
    -

    能楽師の登竜門の一つ 半能「石橋」赤獅子を披く

    -

    京都のわざ永々棟において自身初の能楽講座を主催する

  • 26年
    -

    重要文化財 今西家住宅(奈良県)にて能楽講座を催す

  • 27年
    -

    国際交流基金主催のロシア展-楽歴代 茶碗の中の宇宙-オープニング関連催事 であるモスクワ能公演の団員として参加

    -

    宗家より許しを得て稽古教室「純之会」を主宰

  • 28年
    -

    3月末日で住み込み修業を終える

    -

    4月に独立を許され、宗家より頂戴した芸名「伊純」に改める

    -

    能楽協会京都支部、京都能楽会に入会

  • 29年
    -

    能楽講座「能よりまなぶ」第一回を開催

    -

    登竜門の一つ 能「乱」を披く

山田伊純舞台

お稽古案内

お稽古場

[京都]
  • 首途八幡宮 (社務所内)
  • 交通:市バス今出川大宮下車、西へ徒歩5分
    住所:京都市上京区智恵光院通今出川上ル桜井町102-1
    詳細:こちら

[東京]
  • 江東区稽古場(師範稽古場)
  • 交通:「門前仲町駅」徒歩15分
    住所:東京都江東区

お稽古回数

  • 京都 / 月2回
  • (主に火曜日 時間13:00~20:00頃まで)
    (日を替えて個人予約も可能)
  • 東京 / 月1回 (相談)

  • 〈お稽古の詳細〉
    • お稽古とは能をよりよく知る為のお能教室です
    • 謡と仕舞のコース、謡のみのコースがございます
    • 3歳からお稽古が可能です
    • お月謝は規定表がございますので、お問い合わせください
    • 1回のお稽古時間は約20~30分です
    • すべて個人指導です
    • 服装は自由です
    • 春・夏・秋に発表会がございます(参加は任意)

    お問い合わせ

    山田伊純舞台

    公演のご依頼

    能の公演

    能楽公演のご依頼を受け付けます。
    公演の演出方法と各演出時間(1曲毎)の目安です。

    能面能装束を身にまとう正式な「能」…30~60分
    紋付姿で舞う、お囃子有りの「舞囃子」…15~25分
    謡と舞のみによる「仕舞」…5~10分
    一人または数人の能楽師による「謡」…3~10分
    ※時間のご指定は目安幅内は調節可能です

    曲目はご指定頂けます。ご指定が無い場合、催しの趣旨に合う曲目をご案内いたします。
    例:披露宴では「高砂」、優雅なものが見たい場合は「羽衣」...等

    なお、ご依頼いただく公演場所は「能」に限り能楽堂または能舞台が原則です。
    また「舞囃子」に関しましても人数の関係から最低5m四方が必要です。
    「仕舞・謡」の場合は畳6畳以上の広さがあれば問題ございません。
    ◎企画段階でもお気軽にご相談ください。

    能楽講座(能楽ワークショップ)

    ご予算と規模に応じて能楽師を2~3名(山田伊純含む)派遣します。
    能楽の初心者講座や体験型のワークショップをいたします。
    パフォーマンスをご希望の場合、演者の必要最低限の広さは畳六畳です。
    ご指定があれば、曲目・登場人物に特化した講座も対応可能です。
    例:源義経の講座、能「松風」の解説...等
    能楽講座およびワークショップのご相談は、お問合せよりお願い致します。
    ◎ご予算・内容などお気軽にご相談ください。

    60分の能楽ワークショップの一例

    能のお話(歴史を中心に説明)…20分
    能装束と能面の解説…15分
    仕舞と謡の体験…15分
    実演の鑑賞(仕舞)…5分
    質疑応答…5分


    お問い合わせ

    お問い合わせ

    公演・お稽古・能楽講座等につきましては、下記のフォームまたは電話・メールにてお問い合わせください。

    公演・お稽古・能楽講座等につきましては、下記の電話番号・メールアドレスへお問い合わせください。

    山田伊純事務局

    山田伊純舞台

    Copyright © YamadaIsumi. All Rights Reserved.